本日 14 人 - 昨日 19 人 - 累計 41636 人
よくしられている「強制集団死」だけでなく
座間味島での梅澤隊長のように、
もはやここまでと自ら死のうとした沖縄県民に、
死ぬな、生きろ!と言って
やめさせた兵隊さんたちが居たそうです

これは明らかに、軍による命令・強制ですよね。

このような、いわゆる「強制集団生かし」も
個人の尊厳を無視した横暴であり許すわけには行かないと思います 。

このような悲劇を繰り返さないことは沖縄県民の願いなはずであり
教科書にも載せるべきでしょう。
ですがどの教科書会社にもそのような動きはみられません。
沖縄県民も、このことに怒りを表明しません。

軍の強制という歴史事実を隠しているのです!

これはかなり危険な傾向なのではないでしょうか!?

やはり、世の中が右傾化しています!
私たちは真実が知りたいです。
それとも、おじい、おばあが嘘をついているとでも言うのでしょうか??

この事件から得られる教訓があります。それは
「軍は国民を死なせない」
ということであり
事実、「集団強制生かし」は軍の居るところでしか起きていません!

明らかに、軍の「縦の構造」が起こした悲劇です。


この悲劇を風化させないため、そして理解を深めるため
沖縄戦の「強制集団生かし」の悲劇について語り合いましょう。


護憲派の人たちは、なぜ
歴史認識問題で、日本に都合の悪そうな結論しか出さないのでしょうか?

そういう結論は結論としていいとしても、なぜ論点のスリカエや誤魔化しをしたがるのでしょうか。


従軍慰安婦では
「強制連行」がウソだったとわかるや「強制連行なんか初めから問題にしていない!」とウソをついて
もしくは結論をあいまいにして誤魔化しながら
「やっぱり慰安所自体が良くなかった」「慰安婦本人はかわいそうだった」みたいに論点をスリカエる。


沖縄の集団自決問題も
「軍命令」がなかったことが明らかになると、論点を「命令」から「強制」「関与」とぼやかした挙句
「でも当時の風潮まで含めて強制だったと言える!」みたいな言い方で誤魔化す。


南京虐殺事件も
「日本人は30万人もの罪のない人々(民間人)を殺したんですよー!」と恐ろしげに宣伝しておいて
今では「30万は多いけど、でも少しぐらいは虐殺したでしょ?」と誤魔化す。
ひどいときには「捕虜の扱いが良くなかった。虐殺というのはこれのことだ!」というところまで主張が後退する。


靖国問題も
A級戦犯がいる!と言ってみたり政教分離違反!と言ってみたりするけど
反論されればまた別の論点を出していつまでもいつまでも批判して
批判のための批判であることを露呈させてしまう。



正攻法で反日的(?)な結論になるならいいとおもいますが
こういうスリカエや誤魔化しをしている時点で論理的には既に負けが決まったわけですし
「護憲派は反日を目的にしている」と思われても仕方がないですよね。

これでは改憲派が増えてしまうのも当たり前ではないでしょうか??たらーっ(汗)

もちろん当てはまらない方もいると思いますが、
護憲派全体のそういうところをまず見直してみませんか?
事実は事実として認め、認めたくない歴史でもそれが真実ならば認める必要があるでしょう。
いっしょうけんめいネガティブな歴史観を採用する意味がわたしにはわかりません。

戦争反対、という言葉はネガティブな響きを持っています。
何かを否定する発想。マイナス思考。です。

これからは「戦争反対」ではなく「平和賛成」と言いませんか?

他国が攻めてきた場合に、自衛隊がわたしたちの命と幸せを守るために戦ってくれます。
そんなとき「戦争反対!」と言ったら「じゃあどうするの?」と言われてしまいます。
殺されてもいいの?植民地になってもいいの?と言われてしまいます。

ですから「平和賛成」と言っておけば、そういう反論をされなくて済むと思いますし
平和賛成の方が、より本質的な言葉だと思います。

私が沖縄の基地反対運動を見たところ
どうも県外から集結してきた左翼運動家や、
職場のソッチ系の人との「おつきあい」程度に動員されている人
沖縄マスコミばかりが基地反対を唱えているようで
一般の沖縄人の中ではいまいち盛り上がっていないように見受けられます。

左翼の人たちがわざわざ沖縄に住民票を移して投票までしてくださって
それでもやっと僅差で勝てるというような状態ですよね。

自分たちの問題なのだから、もっと怒りをもって立ち上がったほうがいいのでは
ないでしょうか?

米軍基地の使用料で儲けていたり、色々な優遇措置が取られたりしていて
美味しい思いをしている事実は確かにあると思います。
また、沖縄人の中では、米軍基地で働くのが人気の仕事でもあるようです。
沖縄市長の東門みつ子さんも、定年まで沖縄基地に勤めていて、退職した直後から
基地反対運動に着手した人ですよね。

このままでは、沖縄人は基地にそんなに反対していないと
思われてしまうと思います。人任せにしないで、もっと反対すべきではないですか?

反対運動があったほうが、その分土地代も上がるので
基地で儲けている沖縄人にとっても都合がよいと思うのです。

もっと本気で反対してください。

憲法九条は、よく押し付け憲法だと言われます。

でも、良いものは良いとおもいませんか?

押し付けだろうがなんだろうが、
憲法九条は守っていかなくてはいけないものだと、護憲派の皆さんなら思っているはずです。

逆にいえば、アメリカに九条をおしつけられたからこそ、そのように思える私たちがいるんですよね。
押し付けられていなければ、それに気づいていたかどうかわかりません。

アメリカさん、日本を戦争に追い込んでくれてありがとう。
日本に勝ってくれてありがとう。
よその国家を、その憲法を、勝手に改造してくれてありがとう。

圧倒的な武力にモノをいわせて押しつけてくれたおかげです。

そう思いませんか?

押しつけはダメだというなら、帝国憲法に戻すしかないですからね。

だからわたしたちも、ほかの国に憲法九条をおしつけるのはどうでしょうか?

世界に広めよう!といっても、どこの国もさっぱり憲法九条を採用してくれません。

採用してくれる気配もありません。

だったら押しつけませんか?

というわけで、どうやって他国におしつければいいのか、アイデアを募りたいと思います。

マハトマ・ガンジーさんは以下のように発言しています。


-------------------------------------
弱い者にかぎって、自分が臆病であるために、
自分自身の名誉や配下の者の名誉を護ることができなくなったときに、
会議派の信条とかわたしの助言を隠れ蓑にしてきたことは、
わたしもしばしば指摘してきたところである。

村人が何人か略奪に遭った。
彼らは、妻も子も所持品も略奪者のなすがままにして逃亡したのである。
わたしがこのように責任を顧みなかった彼らの卑劣さを非難すると、
彼らは臆面もなく、非暴力を言い訳にした。

わたしは公然と彼らの行為を非難して言った
――わたしの非暴力主義は、非暴力のことは考えるいとまもなく、
ただ女や子供達の名誉を守った者たちのふるった暴力と完全に調和する、と。
--------------------------------------

このような、「暴力以下」の「非暴力主義」に陥ることもあるとガンジーさんは指摘します

これについてどう防いでゆけば良いでしょうか。

良く、政治家が自分の利益だけを考えて戦争を起こすと言われますが
現実には、外国と裏でつながって「平和主義者」になった方が安全ですよね。

政治家というのは他国の理不尽な要求から国民を守るのが仕事です

もし他国が「金を出せ。さもなくばミサイルブチ込むぞ」と言ってきたときに
政治家から見れば、国民の税金なのだから
別に自分のお金が減るわけじゃなし、
さっさと金を出して めんどうな衝突を避ける方が楽でしょう。

領土をよこせ、と言われた時も同じですね。
自分の土地でもないのだから、それで済むなら、さっさとあげたいくらいでしょう。

戦争などという、大きな責任を伴う決断なんかしたくないのが政治家というものです。
まして戦争に負けたら、東條英機などと同じように相手国によって殺されてしまうかもしれないし
「国を誤らせた政治家」として
同じ国民から末代まで叩かれる可能性も強いのです。

ですから、自分のことしか考えていない政治家は戦争なんてしたくないわけですね。

もし攻められたら、さっさと降伏して、
相手国に取り入っておけば、
そこそこ良い生活が保障されていればそれでいいわけです。

そういう「卑怯」を正当化するために
「わたしたちは平和主義ですから。」
「憲法九条ありますから」
「非暴力ですから」という言い訳はとても便利です。

わたしが政治家ならそう考えます。

命の使い方

2014年05月03日
「天皇陛下バンザイ」と言ってバンザイ突撃をした戦前の日本人


「反戦平和(憲法九条)バンザイ」と言ってバンザイ突撃をする(予定の)戦後の日本人



憲法九条についていろいろと考えているうちに、この二つの違いがわからなくなってしまいました。


憲法九条が要求する死のあり方、命の使い方に関して、皆さんのご意見を聞きたいと思います。

九条を守って、日本が他国に征服されたとします


その征服者が
「ハイ、九条は今日から終わり」
と言ってしまったら九条は無くなりますよね。
九条を守った後も、九条を消さないようにする為にはどうしたらよいでしょうか。

それだけならまだしもその征服者に
「じゃあ明日から徴兵するぞ。オマエたちちょっと東南アジアの方に行ってこい」
と言われたらどうしましょう?
九条を守った私たちが今度は兵隊になって他国の人びとを殺しに行くのです。


そしてそんな日本を見た他の国は
「やはり国防はしっかりしなくてはいけない。無抵抗や非戦・反戦なんてダメだ」
と思ってしまい、九条の精神は一気に後退してしまうでしょう


それを防ぐにはどうしたらよいでしょうか?

世界の 国々よ

この国に 米なるものを 送り

救済米と 言うなかれ

その 赤き 赤十字は

我らが 血で 血塗られたり
(中略)
その米で 兵士を 増大し

砲身を つくり

残れば その米で

閲兵式 武力示威

食べたる 力を 誇示する 先軍

これに なお 力つけさせる

援助だ 支援なのだ

独裁者なるを 救済するだけの

人道主義への 背信

赤十字社の 欺瞞

どうか 世界の 諸国家よ

送る 米の あるなら

いっそ 我らの 頭上から

無一物の 我らの 頭上から

ああ 砲撃して おくれ!




ある脱北者の書いた詩です。

北朝鮮では毎年10万人の餓死者が出ているそうですが
こういう、相手にお願いされて、
たしかに相手のためになる場合。

武力を使ってでも、一刻も早くその政権を打倒した方が
人道的かもしれないと思われる場合。

そういう場合に戦争を仕掛けることはどう思いますか?


わたしはやはり、戦争は良くないと思います。 戦争反対です。
戦争より悲惨なことが起こっていたとしても、戦争だけはいけません。
話し合いで解決すべきです。

それで解決するのがいつになるかは解りませんが
たとえ解決しなかったとしても、
私たちが戦争をしなかったのならば、いいのです。


それに、日本には拉致被害者が200人以上もいますので
普通の国ならとっくに奪還戦争を仕掛けても全く正義の戦争になる状況なのですが
たかが数百人の国民の命や人生ために
憲法九条という美しい文言を犠牲にはできません。

少し相手を突き放した感覚も必要なのだと思います。

みなさんはどう思いますか?


まずは身近にできる範囲の事から始められるように
キーボードを手打ちして九条を入力してみましょう
コピペはダメです

きっと平和な気持になれるはずだし
九条の文言があなたの心に深く、深く、じっくりと染みてくるはずです

ローマ字ではなく、かな入力なら、なおいいですね


もちろん本格的な写経に挑戦するひとも大歓迎です
ペイントツールでもいいし…手芸とかも素敵かも…画像や動画をアップしてくださいね

とにかく一人一人が労力を惜しまず写経した九条が増えて行けば
その輪が広まれば、世界はきっと幸せになります
九条の精神をゆっくり、たいせつに再現してみましょう

心のこもった九条の電子信号が
インターネットの網をかけめぐる…
想像しただけでわくわくしてきます

みんなのパソコンを九条が通過すれば
きっとよいことがおきる気がします



1
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し
国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は
国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する

2
前項の目的を達するため陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。
国の交戦権は、これを認めない。

久間大臣だけではない、原爆投下を肯定する日本人とその発言を
ここで記録にとどめておきましょう。

まずは元長崎市長の本島等なる人間(人間と呼びたくないので「生き物」)です。

---------------------------------------------------------
-米国の原爆投下をどう考えるか。

「落とされるべきだった。
(満州事変から)15年間にわたるあまりに非人間的な行為の大きさを知るに従い、原爆が日本に対する報復としては仕方がなかったと考えるようになった」

-原爆の持つ非人間性は。

「原爆による死には『極限の残虐』という言葉が使われるが、拷問で死ぬ前の隠れキリシタンの恐怖は、いかばかりだったか。南京大虐殺や731部隊も残虐の極致だ。日本人の非人間性、野蛮が出ている」

-今の認識に至ったのはなぜか。

「日本人の持つ原爆観が世界に通用しないことを痛感するようになった。原爆は中国など侵略を受けた国々にとって救世主だった。市長を16年間続けている間、被爆者問題について考え続けたが、日本人の野蛮は計り知れない。日本人全員が謝罪する義務を負っている」   

(以上、共同通信社のインタビュー配信記事 1998年7月29日)
---------------------------------------------------------

要するに、アメリカが中国人や朝鮮人のカタキを原爆で取ったのだ、ということらしいです。
アメリカ人って、どれだけ正義感に厚いひとたちなのでしょうか。
たしかにそれだけ正義感に厚ければ、人類を代表して日本人に天罰を下したって褒められこそすれ
批判なんてされるべきではありませんよね。
アメリカ人の多くが、原爆投下から60年経った今でも、自分たちの正義を疑っていません。
なんて頼もしい人たちなんでしょうか!

だから広島・長崎の犠牲は当然。
被爆者は残虐な日本人の罪を償うための尊い犠牲だったのだということですね。
広島のみなさん、長崎の皆さん、日本人を代表して被爆してくれてありがとう!

今後も日本人という下等民族がいつ昔のような野蛮なことをしでかすかわかりませんし
実際にそういう動きもあるようです。
安倍晋三とかがそうなんでしょう?

だから「核兵器の廃絶」などとはいわずに、いつでも日本人を懲らしめられるように
全世界が核兵器を持つべきかもしれませんね(笑)

だって「救世主」がいない世界なんて恐ろしいですものね。
救世主には居てもらわなければ困ります。

アメリカ人や中国人、北朝鮮の金正日もきっと賛成してくれるはずです。
とても国際的な本島センセイ!たのもしい考え方だと思います。




この元長崎市長は
野蛮で非人道的な日本人が罪を償うために広島や長崎県民がその代表として犠牲になったのだ
という認識ですから
私たちは広島県民・長崎県民に感謝すべきというのは当然導かれる結論でしょう
彼らのおかげで私たちの罪が清められたのですから。

もちろん彼らも日本人なのですから
彼らの罪でもあるわけで、可哀想だったということにはなりません
ただ感謝あるのみ、ということになります。
もしかすると感謝すら必要ないのかもしれませんが。

被害者の立場を代弁すべき長崎市長がこのような認識であること
そういう生き物を長崎県民が選挙で選んだこと
このことこそ最大の「気持ち悪さ」であると思います