本日 20 人 - 昨日 19 人 - 累計 40083 人

アイヌは昔はいたの?

  1. HOME >
  2. アイヌって何? >
  3. アイヌは昔はいたの?
もちろん居ました。

しかし、彼らのアイデンティティーを尊重し

文化の多様性を重視する観点からいえば

正確には、「アイヌなど居なかった」と言った方がよいでしょう。


「アイヌがいた」のではなく

「無理矢理ひとくくりにみなされ

後付けでアイヌと呼ぶことにされてしまった様々な人たちがいた」

だけです。


「アイヌ」は「人間」というだけの意味でしか使われておらず

(いわゆる)アイヌは、自分たちのことを人間だと思っていたでしょうから

そういう意味でなら「アイヌ=人間」という意識はあったでしょうし

そういう意味でのみ「アイヌ=人間はいた」とは言えますが、

それ以外の、なんらかの集団名・人種名として存在していた語ではありません。


細かく言えば、

アイヌの和人化がほぼ完了した最後の段階になって

あえて「アイヌ」を自称した「アイヌ」も居ましたが

それは、逆に彼らがその時点でどれだけ日本に同化してしまっていたか

を示すものでしかありません。


「アイヌ」は、それぞれ独自の社会を持ち、

それぞれ独自の自称を名乗っていた、

その、それぞれ名乗っていた自称こそが、彼らの呼び名であり

それこそが、彼らのアイデンティティーです。


よって、アイデンティティーを尊重する立場から言えば

「むかし、北海道にはアイヌが居た」と表現すること自体に

やはりそもそも、問題があると言わざるを得ません。


しかし残念ながら、彼らは文字を持たなかったため、

その各自の名称は伝わっていません。

「アイヌ」とは、そういう

「使わないに越したことはないが、

仕方ないのでそう呼んでいる、乱暴な一括りの語」

に過ぎないのです。