本日 20 人 - 昨日 19 人 - 累計 40083 人

アイヌは「アイヌ民族」なの?

  1. HOME >
  2. アイヌって何? >
  3. アイヌは「アイヌ民族」なの?
アイヌ「民族」という表現は、明らかに間違いです。

既に見てきたとおり、「アイヌ」という言葉は非常に漠然とした概念であり
「いわゆるアイヌ」としかいえない、「あくまで便宜的」な概念です。

そんな語に対して、さらに「民族」をつけて
具体的な一民族名として通用させることや

そのようなアイデンティティーをもっていた人々が居たかのような想念をさせることは
不正確極まりないことであり、歴史の捏造であるといえます。


本人達が死んでしまっているのをいいことに
「お前らはアイヌ民族なんだぞ。そういう事にする!」と、
勝手にアイデンティティーを押しつけ、一色で塗りつぶすことはできません。


「日本は単一民族ではない!アイヌがいる!日本民族としてひとくくりにするな!」
と言いたがる人々が

アイヌをアイヌ「民族」として、ひとくくりの一色で塗りつぶす
「アイヌ単一民族主義」をしばしば唱えているのは滑稽です。


現在、いわゆるアイヌはすでに日本へ同化しています。

日本語を使い、日本人の生活をし、仏教を奉じているのです。ですからいわゆるアイヌ系日本人なのです。所が、なぜアイヌのみが日本人の中で異民族扱いを受けるのでしょう。

・・・・と知里真志保も言っている通りですし

憲法上でも
神道という日本固有の精神文化によって成立する
「天皇」という存在によって統合されています。

ですから、現在、日本を日本民族として単一民族視することは可能といえますし
いわゆる「アイヌ文化」も「民俗」として日本民族の
多様性の中に存在していると言えます。

しかし「アイヌ」自体はなんら統一的な言語も、文化も組織も
存在などしてなどいなかったのです。
ですから、「アイヌ」を単一民族視することはできません。

「日本」を一民族扱いする事は十分可能ですが

「アイヌ」を一民族扱いすることは、不可能なのです。



アイヌは、インディアン・アボリジニとはその実情は根本的に違います。

しかし名称の点からいえば

「インディアン民族」とか「アボリジニ民族」なんてものを名乗っていたらおかしいのと同じで

「アイヌ民族」などというものを名乗ることはありえないことなのです。


現代の自称アイヌが、「アイヌ民族」などと名乗っている事自体が、

彼らがいかに「アイヌに無知な日本人」であり

イベントコスプレ的に「アイヌをやってる」だけの存在であるのか

という事の証明でしかないのです。