本日 20 人 - 昨日 19 人 - 累計 40083 人

アイヌって何?

  1. HOME >
  2. アイヌって何? >
  3. アイヌって何?
本来、「アイヌ」とは、「人間」というだけの意味です。

北海道にいた、まだ日本に統合される前の
多種多様の、別々のアイデンティティーを持っていた部族集団を、
あとの時代の人たちが勝手に、おおざっぱに一括りにして
呼んだ語です。

「蝦夷」や「旧土人」という語と同じような言葉です。

ですから、
特定の一集団を指す言葉ではありません。

具体的な一民族を指す言葉ではないのです。


わかりやすくいえば「アジア」という語を考えてみてください。

どこからどこまでがアジアなのか、あまりにも漠然としています。



「アジア文化」はあまりにも多様であり
アジア文化とそうでないものを分ける境界線もなければ
その多様性の核と言えるような
統一的なアジア文化というものもありません。

「アジア」が一つの集団を形成したことも
近い将来に形成するポテンシャルもまずありません。

基本的なアイデンティティーの次元で、既に大きく異なり、
むしろ対立さえしています。

そのような、意識上も実態としても別々の諸集団を
驚くほど大雑把にまとめて「アジア」と呼ばれているだけです。

ですから、「アジア」は民族名ではないし
「アジア」をアイデンティティーの拠り所とするには
無理があります。

「アイヌ」も、そういう語なのです。